鼻づまりを改善する|悪化する前に病院に行こう

風邪

耳鼻科で行われる治療法

医者と患者

抗アレルギー剤など、体の過剰なアレルギー反応を抑制することで鼻づまりを解消できる場合があります。ただ、鼻づまりの症状が重い場合だと、これらの医薬品でも効果が見られない場合があるでしょう。そんな時には、レーザーを使用した治療を受けるのが効果的です。

詳細を確認する

おすすめ関連リンク集

  • 愛眼

    種類が豊富に展開されています。難聴の補聴器はこちらで紹介されているので、聴力を安定させたいという場合に使用してみよう。
  • メガネの田中

    小さな音も聞き取りやすくなる!高性能な補聴器をお求めならコチラをご覧ください。素敵なサービスですよ。

抗アレルギー剤と免疫療法

看護師

鼻と耳専門の治療期間である耳鼻科なら、鼻づまりに対し複数のアプローチで治療を行ってくれます。抗アレルギー剤やヒスタミン剤を用いた治療法、更には抗原を利用した免疫療法など様々な治療法が受けられるでしょう。

詳細を確認する

鼻がつまると辛い

病棟

鼻づまりを訴える人がいますが、持病の場合もあり治療を進めていく必要があります。 主に耳鼻科で薬を使った治療を行いますが、症状が辛いときには処方されたものを医師の指示にしたがってきちんと飲むことが要求されます。

詳細を確認する

耳鼻科で行っている治療法

呼吸が楽になります。鼻づまりを予防したい!そんな方は今すぐチェックしてみましょう。毎日の睡眠もこれで変わりますよ。

血管収縮剤入りの点鼻薬

女医

花粉症は近年になって、罹患する人が急激に増加するようになった疾患です。そのため完全な治療法というのは、開発されていません。しかし花粉症に罹患すると、鼻づまりを起こすために、生活に大きな影響を及ぼします。例えば鼻づまりになると集中力が途切れて、仕事や勉強の効率が低下し易いと指摘されているのです。そこで花粉症による鼻づまりに対しては、しばしば点鼻薬を使用することがあります。そうした点鼻薬は、血管収縮剤が入ったものが、市販薬でも流通しています。血管収縮剤が入っていると、確かに鼻づまりに効果的です。いっぽう過剰に使い続けると、かえって鼻づまりを悪化させることがあります。したがって花粉症の鼻づまりで点鼻薬を使用するときは、耳鼻科で相談すると安心です。

適切な治療を行います

花粉症による鼻づまりに対して耳鼻科では、血管収縮剤が入った点鼻薬を使用することもあります。しかしステロイド剤の入ったものを選択するほうが、多くを占めているのです。もちろんステロイド剤も、長期に渡って使用し続けると副作用が発生する恐れがあります。いっぽう期間を定めて使用すると、副作用の発生は極めて少ないと報告されているのです。また耳鼻科では、抗アレルギー剤を使用することを重視しています。抗アレルギー剤を使用すると、鼻づまりの原因となるヒスタミンなどの遊離を抑制するのです。そのため抗アレルギー剤を使用すると、鼻づまりの発生をかなり軽減することが可能です。このように耳鼻科では、花粉症による鼻づまりの適切な治療を行うので、受診する人が多いのです。